10月21日公開!『クリエイション・ストーリーズ~世界の音楽シーンを塗り替えた男~』公式サイト
ionicons-v5-m

TRAILER

予告編
特報

ABOUT THE MOVIE

CAST

ユエン・ブレムナー
1972年1月23日生まれ、スコットランド出身。4歳の時にテレビ番組「A Girl Named Sooner」でアーチー役を演じる。個性的な脇役としてダニー・ボイル作品など、多数の映画・テレビドラマに出演。『トレインスポッティング』(96)では、同情的で不運なスパッドの役を演じ、同作品の舞台版にも出演した。主な出演作に、『ブラックホーク・ダウン』(01)、『パール・ハーバー』(01)、『エイリアンVSプレデター』(04)、『マッチポイント』(05)、『ワンダーウーマン』(07)など。『T2 トレインスポッティング』(17)で、スパッド役を再演した。
スーキー・ウォーターハウス
1992年1月5日生まれ、ロンドン出身。16歳でモデルデビュー。バーバリーやバレンシアガ、ローラメルシエなど世界的なブランドのモデルを務める。イギリスのクライムスリラー『プッシャー』(未)でスクリーンデビュー。主な出演作に、『あと1センチの恋』(14)、『ダイバージェントNEO』(15)、『高慢と偏見とゾンビ』(16)、『アサシネーション・ネーション』(18)、『名探偵ピカチュウ』(19)などがある。
ジェイソン・フレミング
1966年9月25日生まれ、ロンドン出身。映画監督である父ゴードン・フレミングの下で育つ。1992年に『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険』シリーズに出演。主な出演作に『ジャングル・ブック』(94)、『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(99)、『スナッチ』(00)、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(08)、『レジェンド・オブ・ドラゴン 鉄仮面と龍の秘宝』(19)などがある。
トーマス・ターグーズ
1992年2月11日生まれ、グリムズビー出身。シェーン・メドウスが監督・脚本を務めた『This Is England』(10)で主演を務める。続いてTVミニシリーズ「This Is England '86」(10)、「This Is England '88」(11)、「This Is England '90」(15)にも出演。その他の出演作として、『バイオレンス・レイク』(08)、『ハングリー・アタック』(14)、『シンクロ・ダンティーズ』(19)などがある。
マイケル・ソーチャ
1987年12月13日生まれ、ダービー出身。『THIS IS ENGLAND』(06)でいじめっ子ハーヴィー役にキャスティングされ、続いてTVシリーズ「This Is England '86」に出演。そして同年に『グランド・エセックス・コネクション』(10/未)、『SHANK』(10/未)に出演した。その他、主な出演作に『キーパー ある兵士の奇跡』(18)、『キラーズ・セッション』(19)などがある。
メル・レイド
1977年1月1日生まれ、ロンドン出身。TV映画『He Kills Coppers』(08/未)でビリー・ポーター役を演じた。映画出演作として『インフォーマーズ セックスと偽りの日々』(08)、『ボヴァリー夫人とパン屋』(14)、トム・ハーディと共演した『レジェンド 狂気の美学』(15)、『フォービドゥン 呪縛館』(16)、『ベスト・バディ』(17)、『インフォーマーズ セックスと偽りの日々』(08)がある。
レオ・フラナガン
1995年3月20日生まれ、ランカシャー出身。大ヒットTVシリーズ「Waterloo Road」(14/未)のフロイド・ウェストブルック役で10話にわたり出演した事で最もよく知られている。その他の出演作には、『Rare Beasts』(19)などがある。舞台役者でもあり、ノース・ウェスト・シアター・アーツ・カンパニーで「グリース」、「Thirteen」、「Punk Rock」に出演した。
ジェイソン・アイザックス
1963年6月6日生まれ、リヴァプール出身。『アルマゲドン』(98)、『パトリオット』(00)、『ブラックホーク・ダウン』(01)、『ハリー・ポッター』シリーズ、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)などハリウッド映画の脇役や、「The OA」、「ブラザーフッド」、「スター・トレック:ディスカバリー」などテレビドラマのメインキャストとして数多くの作品に出演している。

STAFF

製作総指揮:ダニー・ボイル
1956年10月20日生まれ、マンチェスター出身。ジョイント・ストック・シアター・カンパニーの演出家としてキャリアを始め、ユアン・マクレガー主演『シャロウ・グレイブ』(94)で映画監督デビュー。96年に手がけた2作目の『トレインスポッティング』が世界的な話題作となり、『普通じゃない』(97)でハリウッドに進出。斬新な映像センスが特徴でクールなファッションや音楽で時代のカルチャーを牽引している。主な監督作に、『ザ・ビーチ』(99)、『28日後...』(02)、『スラムドッグ$ミリオネア』(08)、『127時間』(10)、『スティーブ・ジョブズ』(15)、『イエスタデイ』(19)などがある。
監督:ニック・モラン
1969年12月23日生まれ、ロンドン出身。監督だけでなく、俳優としても活躍する。『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(98)では主演のトランプ詐欺師エディ役を演じ、俳優として名を馳せた。主な出演作として、『ヤング・ブラッド』(01)、『ハリー・ポッターと死の秘宝』(10、11)、『アニー・インザ・ターミナル』(18)など。監督作としては、イギリス初期のインディペンデント系レコードプロデューサーのジョー・ミークの人生をドラマ化した『Telstar: The Joe Meek Story』(08)、ケヴィン・ルイスによる同名タイトルの書籍を映画化した『The Kid』(10)などがある。
脚本:アーヴィン・ウェルシュ
1958年、スコットランド出身。処女作「トレインスポッティング」が1993年に出版されると同時に、ブッカー賞に選出され、英国の有名書店ウォーターストーンによる今世紀を代表する10冊の本に選ばれた。その後、短編集「アシッド・ハウス」と第2長編「マラボゥストーク」、短編集「エクスタシー」を刊行し、ケミカル・ジェネレーションの騎手と称され文学界のカルト的な存在となった。著作で映画化された作品に、『トレインスポッティング』(96)、『アシッド・ハウス』(98)、『エクスタシー』(11/未)、『フィルス』(13)などがある。
アラン・マッギー
1960年9月29日生まれ、グラスゴー出身。クリエイション・レコーズの共同創始者であり、ブリティッシュインディー、アシッド・ハウス、ブリットポップムーブメント全体の立役者であった。マギーはジーザス&メリー・チェイン、マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、そしてプライマル・スクリームからオアシスやザ・リバティーンズといったバンドまで、幅広く新しい音楽にキャリアをささげた。クリエイション消滅後はポップトーンズ・レコーズ(00~07)、クリエイション23(18~)というインディーズ・レーベルを設立した。